So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しい乗馬を目指して

楽しく乗馬するためにはそれを実現するための馬が必要です。当たり前と言えば当たり前です。ではどんな馬でも良いかと言えば、そういう訳にはいきませ。特に初心者から中級者までの方にはしっかりコントロールできる馬が必要です。手綱を引いても止まらない、曲がらない、蹴っても進まないような馬では練習になりません。馬上でのバランスと馬との駆け引きがわかってくれば少しずつコントロールの難しい馬へと進めていきます。我々指導する者にとってもコントロールできる馬に乗っていただいた方が断然指導しやすいのです。インストラクターの指示に従っていればしっかり動かすことができる状況であれば、上手く動かせない時には騎乗者に問題があると判断できます。ところが指示に従っても上手く動かせない状況が繰り返されるようであれば馬に問題がある可能性が考えられます。もう一つはインストラクターに問題があるかもしれません。このあたりの判断は初中級者には難しいところです。
楽しい乗馬、よい練習ができるには、まず良い馬を作ることが重要です。馬は長年使っているうちに自然に良くなってくる訳ではありません。良くなるように調教せねばならないのです。自動車で言えば、整備が行き届いた状態で乗らなければ楽しくドライブ出来ません。我々は楽しく乗馬ができるように調教に励まなければなりません。大変な作業なのですが、自分の調教した馬で楽しそうに乗馬されている様子を見るともっと良い馬を作らなければと思います。良い馬で良い練習を重ねることが乗馬の上達の近道なのです。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

アサヨリ

何時も拝見しています。

晩秋辺り、そちらへ行く予定なので寄らせていただこうと思っていますが
ここでのオーナーの馬談義も、楽しみの一つです。

お体に気をつけてお過ごしください。
by アサヨリ (2014-09-22 09:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0