So-net無料ブログ作成
検索選択

馬は草食動物である

は6月に入りいよいよ本格的に青草のみで元気に過ごしております。

近在の休耕地や空き地、田畑の土手草、道路端の雑草など毎日軽トラックに満載三台分刈集めます。朝から延々と食べ続け皆満足げです。本来の草食動物に戻ったようで、美味そうに草を食べているところはゆったりとした気分にさせてくれます。馬達も食べ続けられるほうが落ち着くようですよ。この辺りでは10月まで新鮮な青草で飼い続けられます。青草で飼うとお腹がぽっこりし体毛が艶々となり、いかにも健康な状態に見えます。きっと栄養のバランスが最適なのでしょうね。そのほかにも常に青草を食べているので、外乗中の道草が激減します。道草させないための労力が省けるので非力な女性やお子さんには良いと思います。また、草刈の労力さえ惜しまなければ、餌代の節約にもなります。草を刈った後に馬糞堆肥を散布すれば無駄のない循環が可能です。現在は堆肥の15パーセント位を牧草地へ還元していますが、将来的は100パーセントに近づけたいですね。

とても良いことばかりの青草での飼養管理ですが、注意しなければならないことがあります。乾草から青草に徐々に切り替えないと消化不良を起こします。様子を見ながら少しずつ青草の割引を増やします。一週間くらいで青草のみとします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0