So-net無料ブログ作成
検索選択

動物取扱業責任者研修を受けました


私が蓼科乗馬ファームを開業した2000年当時は何の届け出もなく誰でも乗馬施設を開くことができました。ところが 2006年頃、動物愛護管理法という法律で乗馬施設は第一種動物取扱業に含まれ、乗馬施設を始めるには、まず都道府県知事または政令市の長の登録を受けることとなりました。実際には保健所へ申請し登録を受けます。その後も実務は保健所が窓口となります。私が経営しております蓼科乗馬ファームももちろん登録しております。そして動物動物取扱業を営には動物取扱責任者を置かなければなりません。責任者は毎年一回保健所で研修を受けねばなりません。平成19年より毎回研修を受けていますが、研修の内容は馬や乗馬にはほとんど触れられません。犬と猫が主体です。というよりは、取扱責任者になるには実務半年以上ある、専門学校等を卒業している、各種団体の試験により技術、知識があることが証明されているのどれかにあてはまれば良いとされています。最後の乗馬に関わる団体とは日本馬術連盟や全国乗馬倶楽部振興協会だと思います。私はどちらにも関わらず何の資格も持っておりません。実務経験で責任者になれています。 ここまでの詳細は環境省のホームページで御覧になれます。 実務半年以上でなれる責任者ですから、本当に馬のことがわかっていない犬猫が主体の法律のようだと思います。しかし、営業するには従わざるを得ません。また、これで営業ができるのだから良しとすべきですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: