So-net無料ブログ作成

モンゴルで乗馬

先日、8月下旬にモンゴル乗馬ツアーに行くという女性お二人が外乗の練習に来ました。以前はブリティッシュの乗馬クラブに通われていて最近はあちこちで外乗するのがお気に入りのお二人です。たまたまその流れで昨年12月に当ファームで外乗に来られました。私はあまりその時のことを覚えていなかったのですが、駈足の時に「その乗り方は危ないですよ。落馬しますよ。」と注意したらしいです。普段からお客さんには快適に乗れるように外乗中にいろいろとアドバイスしては外乗での乗り方を知ってもらおうと考えています。馬場乗りのままでは快適に乗れないからです。で、そのお二人には私の注意がピタッとはまったそうです。以前通っていた乗馬クラブ主宰のモンゴル乗馬ツアーで落馬したり、バランスを崩したり、思いの外上手く乗れなかったらしいのです。そこであちこち外乗に行きもっと上手く乗れることを目指して次のモンゴルへ備えようと思われていたようです。昨年から6回ほど来られたのですが、後半の3回はモンゴル乗馬に絞って練習しました。まず一番安定したポジションと体の動かし方を知ること、そして馬をコントロールすることを中心に外乗で練習します。乗馬クラブではお尻を鞍から浮かせてやや前傾して駈足をすると教わったというのですが、これはとても不安定です。落馬のほとんどは前方へ落ちます。落ちる直前の姿勢は上体は前傾し足は後方へつま先が真下へ向いています。このことから足を前方へ上体は起こすようにするのが良いでしょう。。鞍にはしっかりと座骨が着くようにした方が安定します。そのためには馬の動きと同じ動きが出来なければなりません。頭では理解出来ても体はなかなか動きません。お二人も大変そうでしたがかなり近づくことが出来ました。そして最初の不安定な態勢にはもう戻れないと、乗馬クラブで習ったことは何だったのかと言われました。馬場の中で前の馬に続いてぐるぐる動くだけではモンゴルでの乗馬は厳しいことです。今回も外乗でお二人に交代で先頭になってもらい自分で先を見ながら馬をコントロールすることを練習しました。視界も広がりますます安定する感じをつかんでもらえたようです。今までは乗れているのかいないのかも実感しなかったらしいのですが、今はそれがわかるようになったと嬉しそうに話してくれました。さてモンゴルで遊牧民のように颯爽と駈け巡ることが出来ればいいですね、9月に来られるのが楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。