So-net無料ブログ作成
検索選択

生草の時期になりました


6月に入り馬たちの飼料は乾草から生草に変わります。馬たちには待ちに待った生草です。これから10月まで毎日12頭分の草を刈り取るのです。軽トラックの荷台に高さ90センチの枠を取り付け、刈り取った草でいっぱいにします。1日に3台食べます。


朝からだらだらずっと食べています。こんなに食べて良いのかと思いますが、生草のほとんどは水分。たくさん食べても問題ありません。むしろ食べ続けているほうがストレス無く落ちつきます。さらに外乗中の道草が激減します。小学生が外乗出来るには極力道草させないことが重要になります。馬は草を食べるためにかなりの力で頭を下げます。その時に手綱に引っ張られて、最悪は落馬することもあります。始終草を食べさせないように気遣いながらでは楽しい外乗の妨げになります。さらに、栄養のバランスも良いみたいでピカピカの毛艶になります。良いことばかりの生草ですが、冬の飼料から切り替わるところで注意しなければならないことがあります。草食動物の馬でも突然生草をたくさん食べると消化出来なくて下痢になってしてしまいます。当ファームでも一週間くらいかけて少しずつ生草の量を増やして、最終的に全て生草になるようにします。