So-net無料ブログ作成

楽しい乗馬を目指して

楽しく乗馬するためにはそれを実現するための馬が必要です。当たり前と言えば当たり前です。ではどんな馬でも良いかと言えば、そういう訳にはいきませ。特に初心者から中級者までの方にはしっかりコントロールできる馬が必要です。手綱を引いても止まらない、曲がらない、蹴っても進まないような馬では練習になりません。馬上でのバランスと馬との駆け引きがわかってくれば少しずつコントロールの難しい馬へと進めていきます。我々指導する者にとってもコントロールできる馬に乗っていただいた方が断然指導しやすいのです。インストラクターの指示に従っていればしっかり動かすことができる状況であれば、上手く動かせない時には騎乗者に問題があると判断できます。ところが指示に従っても上手く動かせない状況が繰り返されるようであれば馬に問題がある可能性が考えられます。もう一つはインストラクターに問題があるかもしれません。このあたりの判断は初中級者には難しいところです。
楽しい乗馬、よい練習ができるには、まず良い馬を作ることが重要です。馬は長年使っているうちに自然に良くなってくる訳ではありません。良くなるように調教せねばならないのです。自動車で言えば、整備が行き届いた状態で乗らなければ楽しくドライブ出来ません。我々は楽しく乗馬ができるように調教に励まなければなりません。大変な作業なのですが、自分の調教した馬で楽しそうに乗馬されている様子を見るともっと良い馬を作らなければと思います。良い馬で良い練習を重ねることが乗馬の上達の近道なのです。

危うさと楽しさの狭間で

最近、レッスン・外乗共に駈歩を希望される方が増えてきました。
人間の感覚はとてもいい加減でほとんどが相対的に感じているように思えます。乗馬を始めて間もない頃は常歩だけでも緊張していたのが、速歩を知ると常歩での緊張感はぐんと軽減します。更に駈歩を知ると速歩の緊張感も和らぎます。どんなことも初めては緊張します。少しずつ慣れていき、更に強い刺激が加わるともはや緊張感は消えてもう現れません。乗馬の場合早く慣れて、緊張しないようになりたいと練習します。しかし慣れてしまい緊張感が薄れると多分つまらなくなってしまうでしょう。反対に緊張感が強過ぎると怖くて楽しむことが出来ません。いつも危うさと隣り合わせの程良い緊張感がいつまでも乗馬が楽しいと思わせる理由ではないでしょうか。絶対に安全ならば遊園地の乗り物みたいに数回乗れば飽きてしまうでしょう。初心者には初心者の、上級者には上級者のレベルに合わせた緊張感がいつまで経っても消えません。駈歩は緊張感と爽快感、楽しいですよね。

蹄は鍛えられない

外乗の途中でお客さんから「蹄は外乗に出ると少しずつ強くなってきますか。」と質問されました。15年前、5頭のサラブレッドで始めた当時は外乗でガンガン使えばどんどん蹄は硬くて強くなると思っていました。ところがその後、装蹄師さんに蹄は鍛えられないのですよと教えてもらいました。それまで外乗には向かないと思われていた元競走馬を再調教して外乗馬として使えるようになったのに、どうやら蹄だけはどうにもならないようです。和種や中間種にはかなわないのです。そしてこから更に蹄の弱いサラブレッドが増えそうです。ディープインパクトの薄い蹄の遺伝子が広がっていくと思われます。まあ外乗にサラブレッドを使わなければ問題はないのですが。とりあえずは装蹄師さんにお任せしながら成り行きを見守るより仕方無さそうです。装蹄の技術が弱い蹄を残すように医療技術が人間を弱くしてしまっているのではと。

疝痛になったドラゴン

一昨日ドラゴンが疝痛になりました。疝痛とは胃腸にトラブルが発生し腹痛をおこすことを言います。最悪は死に至ることもある注意しなければならない怖い病気です。当ファームでは年間に5頭位が疝痛になります。しかしこれまで獣医さんに診てもらったのは一度だけで、ほとんどは早期発見で事なきとなります。さて今回のドラゴンの場合は夕方の放牧前までは普段と変わらずのんびり草を食べていました。約1時間半の放牧後、馬房へ戻そうと馬場に目を向けると雨でぬかるんだ地面に仰向けにゴロゴロと寝っころがっています。場所を変え何度も繰り返します。馬房へ戻しても普段なら直ぐ草を食べに行くところが見向きもせずただゴロゴロするばかり。間違いなく疝痛と思えたので、直ぐに引き運動です。動かすことによって胃腸の動きを助けることが出来ます。馬場では寝たがるので道路を引いて歩きます。さすがにアスファルトの上には寝たがりません。300メートルほど歩いたところでボロが出ました。便秘から来る疝痛であればボロさえ出れば回復したと見ることが出来ます。通常であれば直ぐに餌を食べはじめます。とりあえず引き返し馬房に戻すも様子は変わりませ。また引き出して陽も沈んで暗くなった道路を約30分、ようやく道端の草をしょぼしょぼ食べるようになりました。そのまま連れ帰ると草を食べはじめます。これで一安心です。しばらくするとボロを水で溶かしたような下利便がどっと出て、その後は普段のドラゴンに戻ったのです。消化不良をおこしていたようです。このようにほとんど飼付けの時の食べる様子で発見し、直ぐに軽い運動で対処します。毎日の観察が深刻な疝痛にさせないポイントになります。人間も馬も健康が一番です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。