So-net無料ブログ作成

西部劇のようになんて



西部劇では颯爽と大平原を馬で駆け回るカウボーイ達が主役です。我々もカウボーイよろしく野山を駆け回れるようお馬の稽古に励みます。が、しかしです。格好良く見えている西部劇のカウボーイも本物のカウボーイもときには落馬したり、馬と共に転倒したりとかなり危険が伴っております。擦り傷、打撲から半身不随や帰らぬ人までダメージもいろいろ。常に危険と隣合わせが乗馬というものとわかってはいるのですが…。目指せカウボーイの勢いは何処へやら。繊細で安全第一の日本人には乗馬は向かないのかなあと少し弱気になってしまいます。今更ながらに明治維新のところでアメリカが乗り込んでいれば日本の乗馬はカウボーイスタイルになっていただろうなあと。そうすれば今頃そこら中にゲストランチがあって手軽にホーストレッキングが楽しめただろうなあ。ヨーロッパが乗り込んで来たので日本ではブリティッシュスタイルが乗馬みたいになっているのでしょうね。まあ乗り方はどうであれ乗馬には危険が伴うことには違いはありません。最大に安全に配慮しながら危険を伴っても楽しめる乗馬をやりたいと思えるようにしたいですね。しかし、危なっかしいから面白いとも思えます。遊園地の乗り物のように100%安全であれば、すぐに飽きてしまうかもしれません。遊園地では飽きないように絶叫マシーンは競い会うように改良しなければなりません。しかしどんなに凄い物を作ってもやはり100%安全ですから、更に改良をといつまでも続きます。もちろん安全が良くないことだとは思っていないのですが、乗馬が面白い要素として100 %安全ではないことが一因していると思われます。そしてそれ以上に乗馬でしか味わえない楽しさが乗り続けるモチベーションになるのでしょう。私も乗り始めてから3年くらいはぽろぽろ落馬しました。幸いに大きな怪我はありませんでしたが、今思えばゾッとする落馬が何度もありました。でも若かったのと馬と一体となって駆け回る快感が乗馬を辞めてしまうことを拒みました。どんなに乗り続けても恐怖感は消えません。その時々の乗馬レベルや状況の恐怖感がついてきます。それを忘れず、それに飲まれず安全で楽しく乗馬したいものです。

西部劇のように



先日久しぶりに映画館で西部劇を見ました。昔観た「荒野の七人」のリメイクで「マグニフィセントセブン」です。たくさんの馬を見ることができました。
日本でのウェスタン乗馬の始まりに西部劇がかなりの影響を及ぼしていると思われます。50年代から60年代映画やテレビドラマで西部劇が全盛だった頃、それまで主流であった馬術に励んでいた皆さんがスクリーンを駆け回るカウボーイやネイティブアメリカンの姿に感化されたのがウェスタン乗馬の始まりだったのではないでしょうか。実際に私が乗り始めた35年前でもお手本は西部劇でした。しかし、残念ながら鞍や馬銜、テンガロンハットにブーツ等道具は手に入るのですが、馬の調教や乗り方まではよく分かりません。そして格好はウェスタン、乗り方はブリティッシュみたいな過渡期があって徐々に本格的なウェスタンへと変わってきたと思われます。今では当時と違いYouTubeで検索すればありとあらゆる調教を動画で見ることができ、馬具やブーツなど全ての必要なものはアメリカよりネット通販で求められます。当時よりも格安で。私には今見る西部劇はお手本ではなく、自分も一緒に駆け回っているかのごとく観ることができるようになりました。機会があれば西部劇をご覧ください。特に昔のCGや特撮等がない時代の西部劇には とても真似できるレベルではない 凄いスタントを観ることができます。ストーリーはほとんど勧善懲悪にちょっとラブストーリーが挟まってめでたしめでたしがお決まりです。西部劇のように格好よく乗ろうが私の乗馬です。