So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

天高く馬肥ゆる秋


蓼科も夏が終わり実りの秋へとどんどん色付く稲穂で黄金色の田園風景になっています。正に「天高く馬肥ゆる秋」となるわけですが、当ファームのサラブレッドは年中お腹ぽっこりで肥えております。栗東の競馬のトレーニングセンターで調教助手をされている方が来られた時に「ここの馬の種類は何ですか。」と尋ねられたことがあります。「毎日見ているサラブレッドですよ。」とお答えすると、ちょっと驚かれて「こんなに太ったサラブレッドは見たことないです。」と言われながら楽しそう馬場で乗って行かれました。競走馬のサラブレッドは人間に例えればハイレベルな陸上競技選手みたいなほとんど体脂肪の無いシェイプされた体型をしています。ところが当ファームのサラブレッドは競走を辞めて普通のおじさんやおばさんになっています。太っているのではなく、普通の体型になっているのです。もう一度競走馬のトレーニングを積めばシェイプアップできるかもしれません。競走馬は産まれた時から競走馬で1度も普通の馬にはなりません。多分普通の体型に戻ってしまったら競走馬の体型に戻すのは大変難しいことだと思います。
馬術の馬も競走馬ほどではありませんが普通の体型ではないでしょう。馬術競技の体型になっていると思います。乗馬クラブに通っている方が見えるとこぞって「太ってますよね。」が見た感想です。中には「妊娠しているのですか。」と尋ねられることもたびたび。草地に放牧されて食べ放題でいるとサラブレッドに限らずどんな馬もお腹ぽっこり体型です。だからと言って動きが鈍いわけではありません。敵から身を守るための動きはぴしっととれています。
太っていることに関連してもう1つ、ある乗馬クラブのオーナーからどうすればこんなに太らすことが出来るのか聞かれたことがあります。私は「たくさん食べさせれば太りますよ。」とお答えします。すると、困った様子で「そんなことをすると、使えなくなりできないですよ。」と言われます。たくさん食べると元気よくなりすぎて手に負えなくなるというのです。そもそも馬はたくさん食べる動物です。腹一杯食べて休憩してまた食べてを繰返します。食べるのは生の草ですから8割位は水分です。どんなに食べても問題ないのですが、ほとんどの乗馬施設で与えられている飼料は水分のない乾草やハイカロリーな穀類などでたくさんあげる訳にはいかないのが現状のようです。栄養やカロリー的には問題ないのでしょうが空腹感は満たされないのでイライラします。イライラしていると食べたものがお肉ならずに力になるような気がします。お腹が満たされてイライラしていないと食べたものが力ではなくお肉になるのではないでしょうか。それでうちのサラブレッドはお腹ぽっこりなのかも・・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

外乗もいろいろ


8月は全般に天気が思わしくなく例年よりお客さんの入りは少なかったのですが、無事に終えることが出来ました。夏休みが一番の稼ぎ時であわただしく、油断して危険につながることもあります。毎日気を引き締めて皆さんに楽しく乗馬していただけるよう努めました。
当ファームでは乗馬経験の無い方は必ず馬場でレッスンを受けていただいてから外乗へと案内します。他の施設で外乗の経験がある方はレッスンは不要だとお伝えしています。ところが全くの観光乗馬となると自分で馬を動かすのではなく馬が前の馬に続いて歩くので人はただつかまっているだけで廻って来ることが出来ます。引いてもらっているわけではないので自分で動かしたように思われるようですが、馬自ら前の馬についていくことを知っているから成せるのです。この観光外乗では道幅が狭く、馬専用で人や自動車などの通行がない道を廻ります。速足や駈足は行わず並足つまり歩くだけの外乗となります。当然、速足の乗り方を習うことなく、走るとこんな感じです的に少し体験する程度みたいです。手綱は両手分けて持ち鞍につかまって乗ることはないようです。さて、そのような観光外乗の経験のみの方は当ファームの外乗にちょっと戸惑われるみたいです。先ずは速足です。どの外乗も必ず速足を織り混ぜながら廻るので、速足の乗り方がわからない方は大変です。遊園地の乗り物ではなく自転車のように自分で動かす乗馬なのだと説明します。外乗のコースも公道を使うので犬と散歩している人や自転車や自動車などと行き違ったりもします。どの場面も自転車のように乗っていることができれば問題はありません。そしてレンタサイクルのように馬を貸し出し、お客さんが好きな所へ自由に乗り出すことができる外乗が次の目指すところなのですがなかなか難しそうです。もうひとつ個人で自転車の代わりに馬を持ち移動手段として利用するというのもありでしょうか。興味ある方サポートしますよ。いろいろある外乗スタイル、見極めて楽しんでもらいたいですね。

nice!(0)  コメント(0) 

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ