So-net無料ブログ作成
検索選択

掴まるとバランスは取れない


前回掴まると安全と言いながら、今度は掴まるとバランスが取れないと言う無茶苦茶な話です。鞍に掴まると確かにバランスを保ちやすくなるのですが、もう一方で馬と直結になって振り回されることも避けられません。バランスが取れない時には掴まることが有効なのですが、バランスが取れている時には掴まることが妨げとなります。決してしがみついてバランスを保つわけではありません。自転車に例えるとわかりやすいと思います。自転車に乗る練習の時に後ろで支えてもらっているのが鞍に掴まっている状態、自転車が倒れないのは後ろで支えてもらっているからです。ところが自分でバランスが取れるようになっているのに後ろで支えられると返って不安定になります。バランスが取れると支えが要らなくなるのです。さらに自転車の例えで言うと、自転車はバランスが保てないと転倒しますが、乗馬はバランスが保てなくても馬は倒れることはありません。バランスが崩れても乗り続けることができます。例えしがみつこうが、お尻がポンポンしようが乗り続けることができるのです。手綱を両手に分けて持つ乗馬スタイルでは、脚でしがみつくようになるみたいです。サーフィンや曲芸の玉乗り、綱渡りやスケートボードなどバランスを取り続けている皆さんは決してしがみつくことはありません。自転車に乗っている時もしがみついている感覚はないと思います。その代わりに全身を使って、動かしてバランスを取り続けているはずです。乗馬にもバランスを取るための体の使い方、動かし方があります。それを伝えることができれば良いのですが、ちょっと文章では説明が難しいです。もし上手く解説できたとしても読まれた方にはピンと来ないと思います。興味のある方は是非蓼科乗馬ファームへご来場のうえお尋ねいただければ、乗馬しながら身をもって確認いただけるかと思います。体で覚えることは頭で考えるより、体を使わなければ得ることができないと思います。

ウェスタン乗馬はヘルメットを着けない


先日乗馬雑誌の編集の方からウェスタン乗馬の施設ではヘルメットを着用しないところが多いのだが安全面でどうなのかと聞かれました。確かに当方でも馬場で乗る場合ヘルメットは着けません。もちろん着けてはいけないということではありません。普段乗馬クラブに通っておられる方はご持参のヘルメットを着けて乗られます。外乗の時には小学生の皆さんはヘルメットを着けてもらいます。これは道交法で軽車両に乗る場合小学生にはヘルメットを着用させる義務が保護者にあると規定されているからです。違反しても罰則はないようですが。私としてはウェスタン乗馬は自転車位の危険性だと思っています。ただし自転車位にもっていくためには鞍に掴まることができることが前提です。掴まればバランスが崩れにくく、なおかつもう一方の手で手綱が使えるのでコントロールも失わない。ところが手綱を両手に分けて持つとバランスを保つことが難しくなり、鞍に掴まろうとすれば手綱が使えなくコントロールも難しくなります。この差が凄く大きいのです。幼稚園の園児さんが引馬に来られると、怖くないお子さんは一人で乗ることができます。小さくて足はあぶみに届きません。それでも鞍に掴まっていれば落っこちることはありません。しかし両手を離してしまえば皆落ちてしまうと思います。私のところではバランスが身に付くまでは鞍に掴まって練習するようにしています。バランスが取れてきたら徐々に掴まらないようにしながら正しいバランスが身に付くようにとステップアップしていただています。良いバランスは快適に騎乗でき、馬の動きも断然良くなります。もちろん掴まっているからといって100%安全ではないですよ。鞍に掴まって安全な乗馬ができるというブリティッシュ乗馬にはない発想は如何でしょうか。

消費者庁も物申す


さて保健所、家畜保健所に続き今回は消費者庁からのお話しです。少し前の話になりますが2015年11月に消費者庁長官から乗馬での事故に注意しましょうと発表がありました。消費者の皆さんも乗馬のリスクを知ることと安全な施設を選定することなど促しています。詳しくは消費者庁のホームページでご覧ください。我々のところには直接通達は来ていませんが、全国乗馬倶楽部振興協会や日本馬術連盟などに加盟されている施設はそちら経由で通達がされていると思います。この発表は国民生活センターなどに乗馬事故による苦情が目立ってきていることに対応したものと思われます。乗馬は危険も伴うので乗馬施設も利用する皆さんも気をつけて下さいねということです。欧米では乗馬の前に「自己責任のうえで乗馬します」にサインします。事故になっても問題としないことを
確認してから乗馬します。まず事故になることがあるのが前提だということでしょうか。そういう訳で事故になっても施設とお客様の間で問題は生じません。ところが日本では同意書みたいなものにサインをしても事故があれば管理者の責任が問われるみたいです。そういう訳で日本の乗馬施設はとても大変だと思います。何が起こるか予測できない中で大変な責任を負うわけですから。そして事故の原因と責任が問われます。原因が明らかであれば話は速いのですが、いろいろな要素が関わる場合は判断が難しくなります。国民生活センターに届く事故は消費者の皆さんが納得できない事故だと思います。馬に噛まれたり、蹴られたり、落馬したり、気をつけていればかなり防ぐことができます。提供する我々、利用されるお客様、しっかり注意して気を引き締めて楽しい乗馬にしたいですね。最後に馬にはなんにも責任はありませんよね。

人間の保健所と家畜の保健所


前回は動物取扱業について書きましたが、乗馬施設ではもう一つ家畜保健衛生所へも馬を飼養していることを届け出しています。動物取扱業では動物の愛護と人間との共生のために、家畜保健所には畜産の向上のために管轄されています。人間の保健所には年1回の責任者研修と施設への立ち入りの査察があります。家畜保健所は馬伝染性貧血検査やインフルエンザなど予防注射の実施などや毎年現状の報告をすることなっています。主に馬に関する情報は家畜保健所よりとどきます。さて、ここまでの話で馬のおかれている現実が見えたでしょうか。馬はペットと家畜のどちらでもあるのです。乗馬で使っているときは、ペットのような扱いですが、肉用となれば家畜です。昨日まで競馬や乗馬に使われていた馬たちも使えなくなって肉用になれば今日から家畜となるわけです。寿命まで生きられる馬は少ないと思われます。動物愛護法ではペットは終生大事に飼いましょうとなっていますが、家畜は動物愛護法からは外れているらしいです。私のところでも残念ながら使えなくなった馬は家畜商に引き取ってもらいます。そういうことでなるべく長く、そして使っている間は元気で気分良く過ごせて、皆に楽しんでもらえるようにすることが我々が馬たちにすべきことなのだと思います。今私のところで一番長くいる2頭は開業時より17年間いまだ元気に働いております。人間の都合でペットと家畜の狭間におかれる馬たちなのです。なかなか複雑です。

動物取扱業責任者研修を受けました


私が蓼科乗馬ファームを開業した2000年当時は何の届け出もなく誰でも乗馬施設を開くことができました。ところが 2006年頃、動物愛護管理法という法律で乗馬施設は第一種動物取扱業に含まれ、乗馬施設を始めるには、まず都道府県知事または政令市の長の登録を受けることとなりました。実際には保健所へ申請し登録を受けます。その後も実務は保健所が窓口となります。私が経営しております蓼科乗馬ファームももちろん登録しております。そして動物動物取扱業を営には動物取扱責任者を置かなければなりません。責任者は毎年一回保健所で研修を受けねばなりません。平成19年より毎回研修を受けていますが、研修の内容は馬や乗馬にはほとんど触れられません。犬と猫が主体です。というよりは、取扱責任者になるには実務半年以上ある、専門学校等を卒業している、各種団体の試験により技術、知識があることが証明されているのどれかにあてはまれば良いとされています。最後の乗馬に関わる団体とは日本馬術連盟や全国乗馬倶楽部振興協会だと思います。私はどちらにも関わらず何の資格も持っておりません。実務経験で責任者になれています。 ここまでの詳細は環境省のホームページで御覧になれます。 実務半年以上でなれる責任者ですから、本当に馬のことがわかっていない犬猫が主体の法律のようだと思います。しかし、営業するには従わざるを得ません。また、これで営業ができるのだから良しとすべきですね。

西部劇のようになんて



西部劇では颯爽と大平原を馬で駆け回るカウボーイ達が主役です。我々もカウボーイよろしく野山を駆け回れるようお馬の稽古に励みます。が、しかしです。格好良く見えている西部劇のカウボーイも本物のカウボーイもときには落馬したり、馬と共に転倒したりとかなり危険が伴っております。擦り傷、打撲から半身不随や帰らぬ人までダメージもいろいろ。常に危険と隣合わせが乗馬というものとわかってはいるのですが…。目指せカウボーイの勢いは何処へやら。繊細で安全第一の日本人には乗馬は向かないのかなあと少し弱気になってしまいます。今更ながらに明治維新のところでアメリカが乗り込んでいれば日本の乗馬はカウボーイスタイルになっていただろうなあと。そうすれば今頃そこら中にゲストランチがあって手軽にホーストレッキングが楽しめただろうなあ。ヨーロッパが乗り込んで来たので日本ではブリティッシュスタイルが乗馬みたいになっているのでしょうね。まあ乗り方はどうであれ乗馬には危険が伴うことには違いはありません。最大に安全に配慮しながら危険を伴っても楽しめる乗馬をやりたいと思えるようにしたいですね。しかし、危なっかしいから面白いとも思えます。遊園地の乗り物のように100%安全であれば、すぐに飽きてしまうかもしれません。遊園地では飽きないように絶叫マシーンは競い会うように改良しなければなりません。しかしどんなに凄い物を作ってもやはり100%安全ですから、更に改良をといつまでも続きます。もちろん安全が良くないことだとは思っていないのですが、乗馬が面白い要素として100 %安全ではないことが一因していると思われます。そしてそれ以上に乗馬でしか味わえない楽しさが乗り続けるモチベーションになるのでしょう。私も乗り始めてから3年くらいはぽろぽろ落馬しました。幸いに大きな怪我はありませんでしたが、今思えばゾッとする落馬が何度もありました。でも若かったのと馬と一体となって駆け回る快感が乗馬を辞めてしまうことを拒みました。どんなに乗り続けても恐怖感は消えません。その時々の乗馬レベルや状況の恐怖感がついてきます。それを忘れず、それに飲まれず安全で楽しく乗馬したいものです。

西部劇のように



先日久しぶりに映画館で西部劇を見ました。昔観た「荒野の七人」のリメイクで「マグニフィセントセブン」です。たくさんの馬を見ることができました。
日本でのウェスタン乗馬の始まりに西部劇がかなりの影響を及ぼしていると思われます。50年代から60年代映画やテレビドラマで西部劇が全盛だった頃、それまで主流であった馬術に励んでいた皆さんがスクリーンを駆け回るカウボーイやネイティブアメリカンの姿に感化されたのがウェスタン乗馬の始まりだったのではないでしょうか。実際に私が乗り始めた35年前でもお手本は西部劇でした。しかし、残念ながら鞍や馬銜、テンガロンハットにブーツ等道具は手に入るのですが、馬の調教や乗り方まではよく分かりません。そして格好はウェスタン、乗り方はブリティッシュみたいな過渡期があって徐々に本格的なウェスタンへと変わってきたと思われます。今では当時と違いYouTubeで検索すればありとあらゆる調教を動画で見ることができ、馬具やブーツなど全ての必要なものはアメリカよりネット通販で求められます。当時よりも格安で。私には今見る西部劇はお手本ではなく、自分も一緒に駆け回っているかのごとく観ることができるようになりました。機会があれば西部劇をご覧ください。特に昔のCGや特撮等がない時代の西部劇には とても真似できるレベルではない 凄いスタントを観ることができます。ストーリーはほとんど勧善懲悪にちょっとラブストーリーが挟まってめでたしめでたしがお決まりです。西部劇のように格好よく乗ろうが私の乗馬です。

馬は草食動物である

は6月に入りいよいよ本格的に青草のみで元気に過ごしております。

近在の休耕地や空き地、田畑の土手草、道路端の雑草など毎日軽トラックに満載三台分刈集めます。朝から延々と食べ続け皆満足げです。本来の草食動物に戻ったようで、美味そうに草を食べているところはゆったりとした気分にさせてくれます。馬達も食べ続けられるほうが落ち着くようですよ。この辺りでは10月まで新鮮な青草で飼い続けられます。青草で飼うとお腹がぽっこりし体毛が艶々となり、いかにも健康な状態に見えます。きっと栄養のバランスが最適なのでしょうね。そのほかにも常に青草を食べているので、外乗中の道草が激減します。道草させないための労力が省けるので非力な女性やお子さんには良いと思います。また、草刈の労力さえ惜しまなければ、餌代の節約にもなります。草を刈った後に馬糞堆肥を散布すれば無駄のない循環が可能です。現在は堆肥の15パーセント位を牧草地へ還元していますが、将来的は100パーセントに近づけたいですね。

とても良いことばかりの青草での飼養管理ですが、注意しなければならないことがあります。乾草から青草に徐々に切り替えないと消化不良を起こします。様子を見ながら少しずつ青草の割引を増やします。一週間くらいで青草のみとします。


新馬調教はおもしろい


今年最初の新馬調教が無事完了しました。家畜商から依頼された3才の牝馬で和種が混じった小さめの馬です。何も知らなかった馬が人間に乗られることを受け入れて、これから乗用馬となるのです。責任重大です。この馬の将来がかかっています。仕上がった馬を馬運車に乗せて頑張れよと送り出しました。
当方での調教は大きく3つに分けられます。一つは今回のような一度も人間に乗られたことがない馬へ鞍付けとハミ、手綱に馴致させ常歩から駈歩まで乗れるまでにする。もう一つは競走馬だったサラブレッドをウェスタンスタイルで乗れるまでに再調教する。さらには、以前に乗用馬として使われていたものの、立ち上がったり、走り出したら止まらないなど問題ありの馬の再調教があります。
どの場合も馬に悪い所はありません。ほとんどはただ馬が知らないだけのことなのです。知ってしまえば問題は解決します。いかに理解させるかが技術です。来週辺りにまた一頭新馬調教の依頼がありそうです。今はこちらで馬をお預かりして調教していますが、将来はこちらから出向いたり、スカイプなどネット経由で遠隔地へアドバイスして調教出来ればなどと考えています。



2015年はどうなる


久しぶりの投稿は新しい年となりました。と言っても馬飼は年中無休、季節が移り変わるだけでクリスマスもお正月も有りません。もちろん馬たちも何が有ろうと変わりなし。人間だけが時間に区切りを作って生きています。馬を含めた人間以外の動物にはカレンダーや時計はありません。時間に振り回されている人間は疲れてしまいますよね。本来はもっとゆったりと過ごさなければいけないのかも。1日中ストーブの横で眠り続ける猫のように。そして今年も変わらず馬、犬、猫、うさぎと一緒に時間に追われて過ごします。
今年も新馬の調教が4、5頭あります。去年11月に入った問題ありの8才牝馬の調教など調教の技術向上を目指します。もう一つは人工授精による繁殖を試みます。ハフリンガーのサラにハフリンガーの凍結精子で授精させる予定です。牛と違って確率が低くく成功するかどうか。さらに小規模な乗馬施設の運営のサポートなども2、3件ありそうです。最後にこれが一番大変になりそうな、人材の確保ができればと思っています。本当の馬の怖さと楽しさを伝えたいのですが、知りたいと思う若者が現れません。今年こそは現れて欲しいなあ。